一般的にサボテンと言えば、トゲがあって刺さると痛い…というイメージだと思います。

写真のように鋭いトゲで覆われたサボテンが多いですが、それは種から蒔いて数年以上経過したものです。種から蒔いて一年ぐらいのサボテンのトゲは、意外ににも柔らかく愛らしささえも感じられます。

またサボテンの仲間によっては、それ自体のトゲが見た目よりも弱いものもたくさんあります。そしてサボテンの特徴としてそれぞれに強い個性に溢れてもいます。少し小さな鉢植えのサボテンを幾つか部屋の窓際などに飾って見れば面白さに富んだ世界も生まれます。サボテンの水やりは、室内であれば一週間に一度ぐらいとお手入れも簡単。お部屋のインテリアとして育てて楽しんでみるのも良いと思います。

 

小さくてもちょっぴりとユニークな形のサボテン

 

なんだか毎日見ていても飽きませんね。これ以外にも個性に富んだサボテンはたくさんあります。興味を持たれることをお勧めします。