小牧市は水田の稲作が盛んな地域、それがあって市内の高台の場所にはこうした溜池があちらこちらで点在してもいます。今は、この溜池に頼らずに木曽川から引かれている愛知用水によって水田の水の確保がなされています。写真の溜池は小牧市でも最も大きいものです。かつては稲作に利用され続けたこの池も、今はツバメが飛来したときの繁殖場となっています。またこの池の近くにはマメナシの木が生息していることもあり、小牧市では、ここの一帯を自然保護を目的とする緑化計画が持ち上がってもいます。小牧市でも徐々に古くからの自然が失われつつありますが、この池の周辺には懐かしい里山風景を楽しむことができます。のんびりと散策してみるには楽しいですよ。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE